クラリスロマイシンとロキソニンは同時に使える?

クラリスロマイシンとロキソニンは同時使用できる?

答えから言ってしまえばクラリスロマイシンとロキソニンの同時使用は可能です。どうしてこの組み合わせが大丈夫なのかを、クラリスロマイシンとロキソニンそれぞれの効果と共に解説していきます。

 

クラリスロマイシンとロキソニンは何故一緒に使えるか

世の中には様々な薬が出回っていますが、どんな場合にも飲む前に相性を確認しておくべきです。ですからクラリスロマイシンとロキソニンの組み合わせもチェックして行きましょう。最初に、飲み合わせが悪いというのはどんなパターンになるのでしょうか。飲み合わせが悪いパターンの組み合わせの多くは効き目や薬の成分が似通っているものです。

 

わかりやすい例としては「両方とも睡眠薬だけど名前が違うから気にせず両方飲む」というのはよくないです。実際には本来の2倍飲んでしまうのと変わりませんし、副作用も大きくなってしまいます。

 

となると、クラリスロマイシンとロキソニンの成分や効き目が気になってきます。もしも。似ているようであれば飲み合わせが悪い確率も高くなってきます。実際にはクラリスロマイシンとロキソニンがどんな薬なのか確認しましょう。

 

クラリスロマイシンの効き目・仕組み


クラリスロマイシンは抗生物質(抗菌薬)に分類される薬です。人間の体内に存在する有害細菌を殺菌するのが主な使用目的です。

 

細菌は1つの細胞でできていますが、細胞分裂して増殖を行います。抗生物質は細菌の細胞だけを狙い撃ちにして、細胞分裂を防ぎます。細胞分裂による増殖を防ぎ緩やかに細菌を減らしていきます。

 

クラリスロマイシンは最近の細胞分裂抑制により、有害な細菌を減らしていきます。

 

ロキソニンの効き目・仕組み


ロキソニンは非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)に分類される解熱鎮痛剤です。

 

怪我をした場所では痛みの原因る物質「プロスタグランジン」が作られます。プロスタグランジンが生産されれば、脳は「怪我の場所が痛い」と感じます。

 

ロキソニンはプロスタグランジンの生産抑制で痛みをやわらげます。

 

 

クラリスロマイシンは有害な細菌の細胞分裂を防ぐ、ロキソニンは痛みの原因となる物質の生産を抑える。というように両者の効き目や仕組みは全く別物だとわかりました。

 

クラリスロマイシンとロキソニンは干渉しない

クラリスロマイシンとロキソニンは仕組みや効き目がまったく違うと判明しました。こんな時は基本的に飲み合わせは悪くありません。

 

ですが、これほど効果に差があっても干渉してしまう場合があります。

 

AとBを併用するとAの効き目が強くなる
AとBを併用するとAの効き目が弱くなる

 

というように、各々の効果が変わることもあります。ですが、こうなるのは少なくクラリスロマイシンとロキソニンはなりません。実際に使っている方にもそんな報告はありません。

 

クラリスロマイシンとロキソニンの組み合わせは絶対安全?

ここまでの解説で、クラリスロマイシンとロキソニンは安全な組み合わせなんだ、と思われる方もいるでしょう。ですが、考えるべきところもあります。

 

ロキソニンは長期間使い続けると胃に負担がかかります。

 

更には、クラリスロマイシンは吐き気の副作用があります。

 

いずれの薬も、単独なら少しの副作用は仕方ないと考える人もいます。ですが、2つの症状が同時に発生すれば胃への負担はきついものになります。

 

事前に対処法を考えておくべきでしょう。

 

対処方法

もしもクラリスロマイシンで吐き気の副作用がでるなら、ロキソニンを別の鎮痛剤に変更するのもいいでしょう。

 

ロキソニンと同じNSAIDsのセレコックスあたりが狙い目です。価格が少し高くなりますし病院で処方してもらわなければなりませんが胃への負担が少ないです。

 

クラリスロマイシンとロキソニンは一緒に飲んでも平気か医師に聞く


クラリスロマイシンとロキソニンの相性は問題ない、と今まで解説をしてきました。ですが、「まだ何かあるかもしれないし不安」と考えてしまう方もいるはずです。

 

そういった不安を抱え続けるくらいなら、かかりつけの医師にしつもんしてしまうのがいいでしょう。医師から問題ないと断言してもらえれば安心します。

 

質問内容は「クラリスロマイシンとロキソニンは併用できますか?」とはっきり薬品名を出して、疑問を残さないようにしましょう。

 

クラリスロマイシンはこういう薬

クラリスロマイシンは、細菌のタンパク合成を阻害することで抗菌作用を示します。クラリスロマイシンが用いられる適応症は表在性皮膚感染症や深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎などがあり、ヘリコバクターピロリの除菌療法、胃潰瘍・十二指腸潰瘍にも使用されます。剤形は錠剤とドライシロップがあります。錠剤は苦みを有するためにフィルムコーティングされています。クラリスロマイシンの副作用にはアナフィラキシーショックや心室頻拍、劇症肝炎、無顆粒球症があげられます。

 

クラリスロマイシンはCYP3A4で阻害作用を有するためCYP3A4で代謝される薬剤と併用した場合血中濃度が高くみられることがあります。また、クラリスロマイシンはCYP3A4で代謝も受けることからCYO3A4を阻害する薬剤と併用した場合体内の未変化体の血中濃度が上昇することもあります。また、誘導される薬剤と併用した場合代謝が促進され体内の未変化体の血中濃度が低下してしまうため注意が必要となります。

 

肝臓または腎臓に障害のある人でコルヒチンを投与されている患者やピモジド、エルゴタミン含有製材、タダラフィルアスナプレビル、バニプレビル、スボレキサントを投与中の患者には禁忌となります。


http://www.air-jordan-20.com/ http://www.nikesairmaxbestssales.com/ http://3nongren.com/ http://quest4sony.com/